逢甲夜市のかき氷 台中グルメな人気タロイモスイーツ店「大甲芋頭城」

台中グルメスイーツ,逢甲夜市

台湾スイーツの豆花やかき氷にトッピングされることの多いタロイモは、台湾の人にとって人気のスイーツ食材です。台湾のかき氷というとフルーツが沢山乗ったインスタ映えする物が日本人には人気ですが、地元の人に人気なのは意外にもタロイモのかき氷なんです。

タロイモはサトイモ科の植物の根茎で、里芋もその代表だとか。タロイモって南国の人が好んで食する芋という認識しかなく、里芋だったとは台湾に来るまで知りませんでした。

里芋がスイーツの材料になるなんて、日本人の感覚からするとちょっと違和感ありまくりなんですが、「逢甲夜市(ほうこうよいち)」の中にある「大甲芋頭城(ダージィャー ユゥィトウ チョン)」というタロイモスイーツ店は、かき氷を求めるお客さんでいつも溢れかえってます。

タロイモってそんなにおいしいの?どんな味なのかタロイモかき氷にチャレンジしてみました。

台中の逢甲夜市で人気のタロイモスイーツ店「大甲芋頭城」

こちらが店構え。台中の大甲区にも店舗があり、その大甲区は台湾タロイモの名産地ということで、本場のタロイモが売りのお店です。

メニューは大きく分けて冷たいスイーツと温かいスイーツがあり、ほぼすべてがタロイモメニューです。いろいろあるので迷うのですが、この日はとっても暑かったのでやっぱりかき氷にしました。

メニューの解読は翻訳アプリが便利です。

Google翻訳の詳細はこちら

台湾はテイクアウト文化が発達しいるので、どのお店でもだいたい持ち帰りかどうか聞かれます。注文と同時に、店内で食べる場合は「内用(ネイヨン)」、テイクアウトの場合は「外帯(ワイダイ)」と伝えればOKです。

 

店内はこんな感じです。

このお店は隣に臭豆腐の人気店もあるので店舗前の道がいつもごった返してます。

店内でもお店の垣根を飛び越えて、タロイモかき氷を臭豆腐の店に持ち込んで両方食べている人がいたりします。自由度が高くていい感じですが、でもその組み合わせどうなのよ・・・。

台中グルメ 素朴でおいしいタロイモかき氷

こちらがタロイモかき氷「芋頭綜合冰」45元。

トッピングされているのは「芋圓(タロイモ団子)」、「蕃薯圓(さつまいもの団子)」、「芋頭(タロイモ)」、「珍珠(タピオカ)」、「紅豆(あずき)」の5種類です。

タロイモのねっとりした食感とやさしい甘さ!タピオカにタロイモ団子とさつまいも団子どれもモチモチしておいしいです。台湾のスイーツは甘さが控えめなものが多く、小豆もさっぱりしていてかき氷に合います。全体的に甘さ控えめな南国ならではかき氷です。

このかき氷は量がドカーンと多めなので、ふたりでシェアして食べてるお客さんが多かったです。見た目は地味だけど素朴でおしいしいタロイモかき氷でした。

店舗情報

住所台中市西屯區福星路461巷2-2號
営業時間13:00PM〜1:00AM
休日月曜日

最期に

タロイモはダイエットとアンチエイジングに効果のあるヘルシー食材なんだとか。たんぱく質・カリウム・食物繊維やビタミンC・Bが豊富な食べ物なんですね。

台湾の人が好んで食べる食材ってヘルシーなものが多くてとってもいいなと思いました。

Posted by ai