台湾のおすすめ臭豆腐 とっても癖になる味 逢甲夜市の超人気店「一心素食」

台中グルメ朝ごはん,臭豆腐,逢甲夜市

臭豆腐と言えば「どれくらい臭い?」「味を例えるなら何?」など、食べたことのない人に向けていろいろと例えられているのをネットで見かけます。私も実際に食べてみるまでは「相当臭いんだろうな〜」と思ってました。

私がロングステイしている滞在先、台湾最大の夜市である「逢甲夜市(ほうこうよいち)」には、夜市の中も外も臭豆腐屋さんがいっぱいあります。いつも道を歩いているとにおいが漂ってきて「臭い!」ってなるんですが、絶えられないほど臭いというレベルではありません。とはいえ名前からして味に不安がありませんか?私もいつかは食べてみたいと思いつつも台湾グルメの中で臭豆腐だけ後回しにしていたんです。

でも逢甲夜市にとりわけ大繁盛している臭豆腐店があり、現地の人がよくテイクアウトしているのを見ていると、これは納豆と一緒で臭くてもおいしいと感じる人が多い食べ物なんだなと改めて好奇心が湧きました。

やっぱり気になる台湾グルメ臭豆腐、初めての臭豆腐を食べてみた感想です。

台中の逢甲夜市おすすめ臭豆腐店「一心素食」

こちらが逢甲夜市で大繁盛している臭豆腐店「一心素食(イーシン スーシー チョウドーフー)」です。これは比較的空いている日の写真ですが、休日ともなると店舗前の道はすごい人だかりになるんですよ。

店頭で臭豆腐を揚げているので辺りは独特のにおいが漂って来ますが、臭豆腐のにおいって臭いと感じるのは最初だけで、5分もすると鼻が慣れてあまり臭いと感じなくなってきます。

臭豆腐は野菜などと一緒に豆腐を漬け込んで発酵させるのが本来の作り方らしいのですが、発酵のコントロールが難しいのだそうです。現代では植物の汁に石灰等を混合して、納豆菌や酪酸菌で発酵させた漬け汁に豆腐を一晩漬けて作るのが主流なんだとか。

私は臭豆腐のこのにおいって、日本の一部の地域で食べられている臭い干物「くさや」に似ていると思たのですが、発酵した漬け汁に漬けるという点で作り方も似ています。

 

メニューは「臭豆腐(チョウドーフー)」、「麵線(ミェンシェン)」、「泡菜(パオツァイ)」のみで、店頭で注文したら先にお会計します。

麵線は台湾のソウルフードのひとつで、鰹ベースのとろみ出汁で煮込んだそうめんのこと、日本でもじわじわとブームになりつつある食べ物です。泡菜は漬物という意味で、台湾の臭豆腐に添えられている泡菜の多くは、キャベツのざく切りとにんじんの千切り、そして胡瓜のスライスを甘酢で漬けた物です。

台湾はテイクアウト文化が発達しいるので、においの強い臭豆腐さえもテイクアウト対応です。注文と同時に店内で食べる場合は「内用(ネイヨン)」、テイクアウトの場合は「外帯(ワイダイ)」と伝えたらレシートと番号札を渡されます。

口頭で注文時する時や、メニューの解読は翻訳アプリも役に立ちます。

Google翻訳の詳細はこちら

 

店内はこんなかんじです。

この臭豆腐店は隣に人気のタロイモスイーツ店(写真左側)があります。

店内はタロイモスイーツ店と低い垣根ひとつで仕切られているので、タロイモかき氷を臭豆腐の店に持ち込んで両方食べている人がいたりします。自由度が高くていい感じですが「うまいんですかね?」その組み合わせ。(笑)

台湾グルメ 臭豆腐の味は?臭いけどおいしい!

メニュー全部を注文しました。左手前が「麵線」40元、右手前が「泡菜」40元、真ん中が「臭豆腐」50元。

臭豆腐にも同じ泡菜が添えられていますが、台湾ロングステイ中は外食オンリーなので野菜不足、ここぞとばかりに泡菜の単品も注文しました。

人生始めての臭豆腐の味の感想は、やっぱり臭い!待ってる間に鼻は臭さに慣れたものの、今度は口の中から鼻に抜けるにおいに衝撃を受けます。口の中から漂う臭いにおいに慣れるまで少し時間かかりました。

でも味は思った以上においしいので無理なく食べることができます。発酵液に漬け込んだ豆腐のタンパク質がアミノ酸に変化した旨味でしょうか?臭いけど味は癖になります。添えられている泡菜の爽やかな甘酸っぱさがのあるので、臭豆腐のインパクトある味が中和されて食べやすい。

上にかかっているタレは甘いけどピリ辛で臭豆腐と合います。

そして、こちらのお店の麵線は台湾で今までに食べた麵線の中でも上位に入るおいしいさです。

油揚げ・しめじ・キクラゲ・ザーサイ・エリンギみたいなキノコなど具がいっぱい入っています。

とろみスープの味はとっても薄味なので日本人の中にはもの足りなく感じる人もいると思いますが、台湾の料理はどのお店でもおおむね薄味です。その薄さが台湾式なのでそれはそれでおいしいです。色々と調味料を入れて自分好みにアレンジできるお店もありますが、この店の麵線は辛味噌が乗っていて薄味なとろみスープのいいアクセントになっていました。

店舗情報

住所台中市西屯區福星路461巷號
営業時間平日: 16:00PM〜23:00PM
土日: 16:00PM〜0:00AM
休日月曜日

最期に

日本人の中には「臭豆腐ってとてつもなく臭い!」と思う人もいるかもしれませんが、私はそこまで臭いとは思いませんでした。

そして臭豆腐の臭さは日本の代表的な発酵食品である納豆よりも「アラバスター単位(Au)」という、においの強さを指標化した数値は低いのだとか。臭豆腐のアラバスター数値は420Auで、納豆は452Auだそうです。

臭豆腐より私たち日本人が食べている納豆のほうが臭いみたいです。なので納豆が食べられる人にはぜひともチャレンジしてみてほしい台湾グルメです。

Posted by ai